読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAGAZINE M

やましくないのに、なお頰はくれない。

LA LA LAND

MOVIE

 

<あらすじ>

女優を目指しているミア(エマ・ストーン)と、純粋なジャズを愛し、将来自分の店を持つことを夢みているピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)が出会って恋をする。それぞれの夢に向かって歩んでいくが、二人の前には現実が立ちはだかり…。

 

<ここオススメしたい>

・映像がとにかく綺麗

・サントラだけでも楽しめる

・ファッション、家具、車…全部可愛い

・ジャズ好きはセバスチャンに共感の嵐

 

<感想> 

 

アカデミー賞最多ノミネートだなんだともてはやされていた本作。

 

Twitterでも公開前から洋画沼の民がお祭り状態だった。
そんなに面白いのか?と斜に構えていたが、観た。

 

平日の昼間なのに客席は殆ど満員。
ひぇっと思いつつオープニングで泣いてしまった。

(決して泣かせるような演出ではない)

 

鮮やかな色彩、キュートなファッション、スキップしたくなる音楽。

うーむ、これは懐柔される。もう一度観たい。

 

観る前は、

「夢<<<オシャレ<<<<<<<<恋愛」

という感じの映画かと思っていたが

「恋愛<オシャレ<<<<<<<<<<夢」

だった。

 

恋愛モノにはこりごりなんだよ、というそこの君

あくまで夢を追う二人の人間の映画なので安心して観たまえ。

 

恋愛、と主張しすぎずさっぱりしていた印象。

「恋愛」をすべて音楽で表現していた。すごい。

誰かが「観たら恋をしたくなる」と言っていたが、私はむしろ「夢がほしくなる」映画かと。

 

ミアとセバスチャンが喧嘩になったとき、セバスチャンの最低なセリフがあるが、すごくリアルだなと思った。

 

自分の過去の選択を、他人のせいにしたくなる時って実際ある。

 

それぞれの夢に向かって歩いているんだけれど、夢って不確かで、たまに苦しくなる。鉛のように重くのしかかってくる時や、鎖のようにがんじがらめにしてくる時もある。

でもキラキラと輝いていて、ワクワクして、諦めきれないもの。

 

<好きなシーン>

・春夏秋冬描かれているが、夏がとてもキュート

・セバスチャンとミアの喧嘩シーン

 お互い、いかに夢に対して誠実なのかがリアルに描かれている。

・ラスト。なにも言うまい。

 

あとこれは失敗談なんだが、IMAXで観る諸君、本作は3Dではない。
私はずっとメガネをかけていた。恥ずかしすぎる。もう一度観るしかない。

 

 

 

f:id:fgncboo17:20170302141415p:plain

f:id:fgncboo17:20170302141419p:plain

 

2017.02.28